余命東京弁護士会とアディーレ

余命三年時事日記さんのブログです。




yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…




引用




.....単なるアリバイ作りなんだろうが、何を言っているのかさっぱりわからない。
しかしまあ、何というタイミングであろうか。東京弁護士会は第六次告発では傘下弁護士全員(現在懲戒請求されている)10名を除く)約8000人が対象である。
憲法第89条を無視して逆に国民の正当なる権利の行使に恫喝をもって対応する弁護士会である。別に今更驚くことは何もないが、世界が国連による北朝鮮経済制裁決議をもってテロとの戦いの真っ最中に、明らかな確信的利敵行為をなすことは国際社会の目では疑いのないテロ集団、組織と見なされよう。
日本国内は司法汚染極まれりという状態であるから、第六次告発も門前払いの可能性が高いが、欧米、とくに国際機関に提供されるテロ情報は、国内テロ三法をはじめとする関係法が無条件でスライド適用されるように法整備され、かつ共謀罪、パレルモ条約が発効している状況下では超大型時限爆弾である。
ちなみに第五次における懲戒請求は48000件という報道であったが、今回は34000人の弁護士に対して約1000人ほどの懲戒請求者とみている。34000000件である。
弁護士個人の刑事告発も並行しているから日弁連も大変?だね。
いよいよギネスの世界が見えてきましたな。申請?もちろんである。たぶん認定されるだろう(笑い)





引用以上





余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交
posted by ひかりちょういち at 18:28Comment(0)拡散希望

余命衆院選関連③

余命三年時事日記さんのブログです。





http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/15/1957-%e8%a1%86%e9%99%a2%e9%81%b8%e9%96%a2%e9%80%a3%e2%91%a2/





引用




.....外患罪適用下における裁判は有事の日本という国家の対外存立というなにものにも優先する法意から平時とは大きく異なる。余命は竹島問題をはじめとする日韓関係や拉致問題からミサイル実験を続ける北朝鮮との関係は、すでに有事状態であるとして、両国を対象として事案について昨年10月から告発を始めている。司法汚染の状況下では、告発状はすべて返戻され、弁護士は朝鮮人学校補助金支給要求声明に対する懲戒請求の対応にあるように憲法第89条違反をものともしない異様な状況が続いている。裁判官については法によらぬ判決が堂々とまかり通っているのが実態である。
最高裁については裁判官の資格と構成に問題があり、異様な判決が出るのはその関係が大きい。しかし、いかなる判決であろうと、日本人、日本国家として法に基づいたものであれば異を唱えるものではないが、最近、日本人として容認、看過できないかなりの数の常識外判決が頻繁に見受けられるようになった。
従来の法律では明らかな法違反でも告訴、告発は困難だったが、8月10日、いわゆる共謀罪とパレルモ条約発効により環境が激変している。検察官、裁判官、弁護士のすべてに国民のメスを入れることが可能となっているのである。
「日本の常識は世界の非常識」⇔「世界の常識は日本の非常識」逆も可である。
日本では少なくとも問題にされていないが、世界では国際テロリストあるいはテロ企業と認定されるいくつかの例を挙げよう。
ISに同調する有田や山本は国際テロリスト。
このお仲間の神原や上瀧も国際テロリスト。
これらを支援し行動する組織もテロ組織。
これらの支援ツールとして利用されているツイッター社も是正なければテロ企業。
日本では、これら個人、組織の告発の敷居は高いが、直接ISと対決して大きな犠牲を払っている欧米では認定にいささかの壁もない。
日本では「有田は国会議員だから...」という話は欧米では通じない。テロリストがどんな職業であろうと全く関係はない。日弁連が日本における唯一の弁護士組織であろうとも北朝鮮制裁決議に反するものはテロリスト組織である。そこには日本国憲法第89条違反も関係がないのである。
本日は会合があるので、とりあえず関連で第六次でも外患罪で告発している件を再掲しておく。

<№91 異常裁判官11名
在特会の京都朝鮮学校との裁判
『京都地方裁判所第2民事部』
判決文
ttp://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/675/083675_hanrei.pdf

裁判長裁判官  橋詰 均
現在所属 大阪高裁判事
大阪高等裁判所
〒530-8521 大阪府大阪市北区西天満2丁目1−10
TEL 06-6363-1281

裁判官 川淵 健司
現在所属 東京地裁判事
東京地方裁判所
〒100-8920 東京都千代田区霞が関1−1−4
TEL 03-3581-5411

裁判官 合田 顕宏
現在所属 京都地裁判事補・京都家裁判事補・京都簡裁判事
京都地方裁判所・京都簡易裁判所
〒604-8550 京都府京都市中京区菊屋町(丸太町通柳馬場東入ル)
TEL 075-211-4111
京都家庭裁判所
〒606-0801 京都府京都市左京区下鴨宮河町1
TEL 075-722-7211

『大阪高等裁判所第12民事部』
裁判長裁判官 森 宏司
現在所属 大阪高裁部総括判事
大阪高等裁判所
〒530-8521 大阪府大阪市北区西天満2丁目1−10
TEL 06-6363-1281

裁判官 河田 充規 (所属複数)
現在所属 神戸地裁尼崎支部部総括判事・神戸家裁尼崎支部部総括判事
神戸地裁尼崎支部・神戸家裁尼崎支部
〒661-0026 兵庫県尼崎市水堂町3-2-34
TEL 06-6438-3781

裁判官 秋本 昌彦 (所属複数)
現在所属 佐賀家裁判事・佐賀地裁判事・佐賀簡裁判事
佐賀地裁・家裁・簡易裁判所
〒840-0833 佐賀県佐賀市中の小路3−22
TEL 0952-23-3161

『最高裁第3小法廷』
裁判長裁判官 山崎 敏充 現在所属 最高裁判事
最高裁判所裁判官(第三小法廷)岡部 喜代子
最高裁判所裁判官(第三小法廷)大谷 剛彦
最高裁判所裁判官(第三小法廷)木内 道祥
最高裁判所裁判官(第三小法廷)山﨑 敏充
最高裁判所
〒102-8651 東京都千代田区隼町4番2号
TEL 03-3264-8111>







引用以上

余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

posted by ひかりちょういち at 17:06Comment(0)拡散希望

余命衆院選関連②

余命三年時事日記さんのブログです。





http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/14/1956-%e8%a1%86%e9%99%a2%e9%81%b8%e9%96%a2%e9%80%a3%e2%91%a1/





引用





ひかりちょういち
安倍首相応援!さんは上記のコメントでは比例区で候補者名を書くとありますが、衆院選比例区では政党名以外は無効です。
 






引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

posted by ひかりちょういち at 08:07Comment(0)拡散希望